この記事は……。

  • ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTMの購入を考えている
  • 髪に自信がない
  • 髪を内側からケアしたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの特徴

100%植物由来!飲む美容サプリメントが「ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTM」です。
古来より有効成分が注目されてきた【キビ】に着目し、
その成分を『髪に生かせるように改良したサプリメント』になっています。
飲むことで髪にハリやコシ、ボリュームをもたらしてくれます。

 

【メリット紹介】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

ケラナットは、ハリ・コシ・ボリュームを改善する!

キビは古来から世界でも有名な育毛成分として話題になっています。
具体的にいうと『ミリアシン』『リポウィート』という成分が
女性の毛髪サイクルを促してハリのある髪をサポートし、髪を育て強く生えて来ます。
これを体内に取り込むことで美しく、ハリやコシのある髪へと導きます。

 

無添加・植物由来のサプリメント

貴重な植物由来の成分を贅沢に配合し、 無添加・天然成分に拘り抜いています。

 

カプセルも希少な植物由来

一般的なサプリメントではカプセル(膜)が動物由来のものを使用していることが多いのですが、
ケラナットTMはカプセルまで植物由来とこだわっています。
そのおかげで余計なアレルギーの心配もありません。

 

老舗天然香料会社が開発

300年以上もの間フランスで美容の有効成分を研究開発している老舗天然香料会社が開発!
特許も取得済み

 

国内GMP認定工場で製造

徹底した品質管理の元で製造しており※GMPを認定しています。
( Good Manufacturing Practice の略。「適正製造規範」のことを言います。GMPが認定された工場は原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」ができているとされます)

 

Q&A:ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

公式サイト記載のQ&Aをのせておきます。
参考にしていただければ幸いです。

 

Q:原料の原産地はどこですか?
A:主原料であるキビの原産地はフラン ス・ロワール地方のシャンボール地区で 作られています。製造国もフランスで す。小麦は近隣の国の小麦を使用する 場合があり欧州産となります。

 

Q:薬と一緒に飲んでも良いですか?
A:医師の治療を受けている方は、サプリメ ントをとる前に必ずその旨を医師に相 談してください。基本成分は植物由来、 キビ・オイルです。

 

Q:摂取する時間は決まっていますか?
A:基本的に好きな時に自由に摂っていた だいて構いません。

 

Q:1日2粒以上多く摂取すると、 もっと早く変化しますか?
A:1日あたり300mgのKERANATTMでの 臨床試験を行っており、それ以上の結果 がないため、明確にお答えできません。

 

【安く買える!】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM購入方法

現在お得なキャンペーン価格となっています!
こちらをクリックすると公式サイトにジャンプします↓↓

 

もう髪に悩まない

髪のボリュームがないと老けてみえてしまったり、
頭皮が見えてしまい女性としては好ましくない恰好ですよね。
またコシやハリがないと余計に「ヨボヨボなおばあちゃん」に見えてしまいます。

 

そういった見た目にならないようにするには身体の内側から髪に良い成分を定期的に取り込む必要があります。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMは髪にトータルアプローチし、
強くハリとボリュームを生み出す髪にしてくれます。
今なら特別なキャンペーンも実施中なのでお得な機会を逃さないうちに、
美しい髪を手に入れてください!

 


 

@体の「冷え」による髪への悪影響

 

皆さんは"隠れ冷え性"というものをご存知でしょうか?体が冷えやすい私としては、そんな造語にも敏感に反応してしまいます。

 

しかし、この言葉の意味から見えるのは、多くの人が「体の冷え」に気付いていないということ。その体の冷えの症状というは、なかなか気付けなかったりするわけで、そこが"隠れ冷え性"の所以とされるところです。

 

そして、もしいま抜け毛が多くある場合、その原因は、隠れ冷え性にあることも考えられます。

 

・「冷え性」と「冷え症」の違いを知っておきたい

 

そもそも「冷え性」とは何なのか?まず、そこをはっきりと理解しておきたいところです。

 

この「冷え」によって起こる症状は、東洋医学に基づいて語られることが多いです。西洋医学ではあまり治療の対象とはされていません。

 

まず「冷え性」というのは、体が冷えやすい体質のことをいいます。それは慢性的に体内、内臓で冷えがみられている状態なので、それを自覚するのが困難だとされています。その中の症状として「冷え症」がありますが、冷え症というのは体の冷えを自覚できるものを指します。

 

冷え症の症状としてよくあるのが、冬の布団の中で足がずっと冷たく温まらない、などという状態です。冷え症の場合は、そういった自覚があるのでまだ対処はしやすいのです。

 

 

それに対し、自覚しづらい「冷え性」の方は症状が分かりにくいので実に厄介です。おおまかにですが、こういったことが「冷え性」と「冷え症」の違いになります。

 

・「内蔵型冷え症」は気づかないうちに抜け毛を増やす

 

前述のとおり「冷え性」というのは非常に自覚しづらいです。それは季節によってみられる"隠れ冷え性"でもあり、冷たい飲み物・食べ物によって起こっている「内臓型冷え性」ともいえるでしょう。もはや、この「内臓型冷え性」は現代病ともいえます。

 

また、会社での過度な冷房による体温の低下や仕事関係のストレスなどが原因で、体温をコントロールする自律神経に乱れが生じたりします。

 

自律神経は体温調節に深く関わっていますので、そうなると頭や手足など末端の血管拡張や収縮することができず、血液循環が悪くなるため、さらに体が冷えてしまうのです。

 

それに加え、冷たいジュースやビール、お酒などのアルコール飲料、アイスクリームやフルーツ、お菓子など、ストレス解消などとして多く摂っていたりすると「内臓型冷え性」はさらに加速します。

 

そのような甘くて美味しい飲み物・食べ物のほとんどが、東洋医学でいう"陰性の食べ物"になりますが、これを摂り過ぎると頭皮が水っぽくなり、さらに血液循環が悪くなっているので、抜け毛が増えてしまうことにも繋がるわけです。

 

A男性の「隠れ冷え性」は特に厄介です

 

現代では「男性こそ冷え性に向き合うべきだ」と私は思うのです。私自身、自律神経失調症を患ったことで「冷え性」を理解できるようになりましたが、体温調節や血液循環というものは、間違いなく髪の発育に関係していると分かりました。

 

育毛や発毛・抜け毛予防に関しても、それがとても重要で根本的な部分になるのですが、実際そういったところに目を向ける人は少ないのです。

 

例えば、薄毛治療のクリニックでも治療ばかりがメインになっていて、「隠れ冷え性」なんて伝えることはほぼ皆無だと思います。クリニックでは西洋医学が中心の治療となるわけですが、東洋医学とは違って冷え性を病気だと考えていませんから、そこを深く伝えることはしないのです。

 

女性の場合、手足に冷えの症状がみられる事に対し、男性の場合は筋肉量や運動量が多いので、手足の末端部分などが冷える事はそこまでありません。だからこそ男性の冷え性は厄介なのです。

 

男性の場合は殆どが「内臓型冷え性」でしょうから、それを受け入れたうえで対応していかなければなりません。育毛や薄毛治療をおこなっていても効果がないという場合、そういった根本的な部分に目を向けていないからと言えるでしょう。

 

・"隠れ冷え性"の改善には、冷えとりと運動を

 

次に、女性の冷え性で起こる抜け毛の対策について述べてみます。とはいえ、男性の隠れ冷え性の対策にもなりますので、性別問わず御一読いただければと思います。私自身、体質改善をおこなった結果、髪が増えるという発見がありました。

 

私自身、もともとが低体温なので、冷えを誘発しない対策をいつも考えています。冷えが起こることによって内臓の働きが悪くなると、髪に必要な栄養も消化吸収されにくくなりますし、血液の循環もうまく行なわれません。それが長期に渡ると体質は「低体温」になります。

 

髪の毛が育たない・抜けるというのも、そういった低体温が深く関係しているのです。特に女性の場合は男性よりも運動量や筋肉量が少ないため、血液を全身へ促すポンプの役目が弱く、それが「冷え」を招く原因のひとつだと考えられます。

 

適度な運動を取り入れる

 

髪を健康にするためには十分な睡眠が不可欠ですが、そのためには普段から適度な運動をすることが一番です。

 

私も元来、眠りが浅く、ほぼ毎日夜中に目が覚めてしまうタイプですが、運動を始めるようになってからはそれが随分と改善されました。

 

運動といっても、なにも筋トレをしたり、ジョギングをしたりと激しい運動をしているわけではありません。

 

いわゆるウォーキングです。

 

これが有酸素運動として、ハゲ対策にはとても効果的なのです。

 

有酸素運動とは、酸素を十分に取り込みながら、体内の糖質や脂肪分をエネルギー源として消費する運動のことです。

 

適度な負荷をかけながら酸素を十分に取り込める有酸素運動は、心肺機能を高めてくれたり、血管の柔軟性をアップさせるなど、血流改善効果が期待できます。

 

全身の血行が良くなれば、頭皮の毛細血管でも血液の流れが良くなり、髪にとって重要な酸素や栄養素を頭皮に行きわたらせることができるのです。

 

ウォーキング以外で代表的な有酸素運動といえば、ジョギング・水泳なども挙げられます。

 

筋トレなどの瞬発的な力を必要とする運動とは違い、時間をかけながら、比較的ゆるやかに行ないますので、体への負担が少なく、無理なくできる運動なのです。

 

ただ、そうはいっても今までまったく運動をしていなかった方には、いきなりのジョギングや、わざわざプールに行っての水泳はハードルが高すぎますよね。

 

そこで、オススメなのがウォーキングというわけです。

 

できれば、毎日意識的に時間を取ってウォーキングをするのが理想的ですが、なかなか忙しくてそんな時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方は、通勤・通学の際になるべくエレベーター(エスカレーター)を使わずに階段を使うようにしてください。

 

これなら時間が取れない方も、無理なく毎日コツコツと確実にできるのではないでしょうか。

 

これに慣れてきましたら、今度は少しの距離であればタクシーやバスなど乗り物を使わず、徒歩で移動することを心がけてください。

 

その際にも、大股で早歩きする・膝を高く上げる・腕を大きく振るなどのポイントを意識してみましょう。

 

そもそも、私たちのように普段仕事をしていて、時間が限られている社会人にとっては、このような細かい積み重ねが一番手っ取り早い運動ということになります。

 

もちろん、時間や体に余裕のある方は、ぜひジョギングや水泳もオススメします。

 

いちばん大切なことは、日々の生活の中で“意識的に”何かしらの運動を取り入れてみるという認識です。

 

ぜひ今日から意識して始めてみてください。

 

ちなみにウォーキングの歩数の目安ですが、だいたい1日1万歩を目指してみてください。

 

最近ではスマホのアプリでも万歩計として機能してくれるものが無料で提供されていますので、ぜひ活用してみてください。

 

【発毛のためにやってはいけないこと】頭をトントンたたく

 

もう数十年前の話ですが、「男は叩かれて強くなる」なんていうキャッチフレーズの育毛剤のCMがありました。

 

俳優の杉浦直樹さんが薬を付けたブラシで 頭を叩かれていました。

 

確かその頭を叩くブラシには殴打回数を計る カウンターが付いていました。(笑)

 

おそらく、当時は頭皮に刺激を与えることで、育毛を促すといった考えがあったのかもしれませんが、これ、今では笑い話にもならないような内容ですよね。

 

頭をトントンたたくことは絶対にやめてください!

 

育毛剤をつけるときに、ブラシのような物で頭をトントンすることは、危険極まりないです。

 

指のひらでトントン叩くのであれば、少しは刺激になって良いかもしれませんが、ブラシでたたけば、当然頭皮が傷つきます。下手をすれば、炎症さえも起こしかねません。

 

では、どのようにすれば良いか?

 

育毛剤などを頭皮につけてマッサージするときは、指先のひらを使ってやさしくマッサージしてください。

 

具体的なやり方としては、

 

両手で耳の上から、頭頂部にかけて揉みながら頭皮を浮かすような感じで、その頭皮を柔らかくするつもりで、さらに育毛剤が頭皮に浸っていくようにマッサージしてください。

 

その次に、両手をおでこの上の生え際に持っていき、同じ要領で頭頂部に向けて揉んでいってください。

 

そして、今度は後頭部から頭頂部に向けてマッサージして終了となります。

 

この頭皮マッサージの時間の目安ですが、おおよそ10分くらいです。

 

これを毎日欠かさずに継続し続けると、見違えるように頭皮が柔らかなくなります。

 

A帽子をかぶりすぎる

 

薄毛になってくると、何とかして隠したくなりますよね。

 

その気持ちは痛いほどわかりますので、帽子をかぶることはやむを得ないかと思います。

 

ですが、帽子をかぶりすぎるのはやはり頭皮に良くありません。

 

帽子をかぶり続けることによって、頭皮の血流の変化にはさほど影響はありませんが、頭が蒸れてしまいます。

 

その日の気温や湿度などによる影響もありますが、帽子の中は“熱帯雨林気候”にさらされているのと似たような感じです。

 

つまり、帽子を被っていない状態よりも、被っている状態のほうが頭皮の汚れ、菌量ともに増加しやすい状況になってしまうのです。

 

当然、頭皮が汚れてしまうと、毛穴が詰まり抜け毛の原因になります。

 

むろん、夏場など紫外線の強い季節なんかは、当然髪や頭皮を傷めてしまいますのでむしろ帽子等はかぶっておいたほうが得策です。

 

現場のお仕事等でやむを得ずヘルメットをかぶる機会が多い方は、ヘルメットを常に清潔にしておくように心がけてください。

 

たとえば、かぶる前に清潔なタオルを頭に巻いてからヘルメットをかぶるだけでもかなり違います。

 

摩擦による頭皮の傷みも防止できますので、ぜひ試してみてください。

 

 


更新履歴